【中学生への準備】冬休みから塾に通うなら英数がオススメ🏃

小学生学校テスト対策

こんにちは。室長の山川です。

チラシを見て、ウェブサイトの申し込みフォームから、ご紹介で、、
と12月になって少しずつお問い合わせが増えてきました。

小学生のプログラミング教室のお問い合わせが少し多めで、
ちらほら新学年への準備でのお問い合わせある感じです。

そこで、今回は新学年への準備の方について。

来年2020年から新中学1年生になる方に、
通塾科目のオススメや中1の定期テストの攻略方法についてまとめます。

新中1を攻略する方法【ポイントは3つある】

下記の3つをおさえましょう。

その①: 英語は新しい得意教科にするチャンス

その②: 数学は小学生の復習をやるべし

その③: 国語・理科・社会は中学になってからでOK

順番に解説していきますね。

その①: 英語は少しの頑張りで得意教科にできる

英語はスタートダッシュが狙えます

小学生のうちにも英語は学んできましたが、本格的にはじまるのは中学生から。

英単語を覚えて、This isやDo youなどの基本文法を教材でしっかりやっておくだけでかなり差がつきます。

ずばりチャンスです。

英単語帳とシリウス中1の2冊だけ用意しよう

この2冊があれば、すぐスタートできます。

単語は1日5単語から10単語。
コツコツ覚えて教室に来た時にまとめてテストさせてもらえたら確実に覚えられますね。

👉👉単語は中学生は高校受験まで使えるターゲット1800

この教材は「テストに出る順」になっていて非常に使いやすいです。
最初のレベル1の400単語も覚えたらクラスで上位3%に入られるくらいの実力が付きます。

👉👉英文法はシリウス中1

こちらも高校受験まで使えます。
演習量も多くこの教材を8割取れるようにするだけで、学校のテストも90点台、入試も難関公立私立高校を狙える実力がつきます。

気をつけてほしいのは、アルファベットをダラダラやらないことです。

学校では1学期でアルファベットがメインになり、ほぼ英文法を扱いません。
一方で後半の2学期期末から3学期期末にかけては難易度が少し高い英文法も扱うようになります。(例:What, Whoなどの使った疑問詞、I, my, me, mineなどの所有代名詞)

💡中1の1学期はアルファベットとThis isの文程度なので、本当に差をつけるチャンスですよ!

その②: 数学は小学生の復習をやるべし

数学は中学内容の中でも攻略難易度が最も高い教科

最初の四則計算も「マイナスの概念」が入っただけでしょ、
と思っていたら痛い目に合います。

数学は小学算数をベースにしています。(例:中1の2学期中間の方程式、中1の3学期期末の図形の作図)
そのため、小学生の内に小学5年と6年の総復習をしておくようにしましょう。

計算練習教材とシリウス中1の2冊だけ用意しよう

こちらも毎日やるコツコツ用の教材と理解用の教材の2冊です。

👉👉計算は得意な人も小5計算練習800題

毎日コツコツ1ページやろう。

中学受験用教材になるので、もしあなたが小6でもこの教材一冊を繰り返すだけでかなりの実力がつきます。

1ページ3分から10分の制限時間が設定されていますが、あまり気にせず正答率を8割以上取れるように意識して解くといいでしょう。

👉👉基本的な算数全体の復習はシリウス中1

巻頭全8ページに渡って小学生の復習が載っています。

①数の計算と性質
②単位量あたりの大きさ
③割合・比
④図形

各章で正答率が8割いかなかったところだけ小学生教材で復習するといいでしょう。小学生の範囲が問題なかったら中1の四則計算にもチャレンジしてみてください。

💡中1の四則計算に入る前に小学生の復習をしっかりしておき、中1全体で苦手に感じるところを事前になくしておこう!

その③: 国語・理科・社会は中学になってからでOK

では、最後のこり3教科ですね。

👉👉この3教科は中学に入ってから対策しだしても全然問題なし

なぜなら、国語も理科も社会も、単元ごとの範囲が理解できているかでテストが作られるからです。

国語は読解力になるので、もちろん全教科のベースとなります。
しかし、算数の文章題を特にあたって「何を言われいているのか分からない…」とならない限り、問題ありません。

また、理科社会も一つ一つの単元を学習するのがベースになります。

つまり、積み上げで考えるようなところがほぼないのです。

英→中1の英文法を元にして、中2、中3文法があって長文読解へ
数→中1の数学的考え方を元にして、中2、中3数学や高難易度の過去問へ
国→中1、2、3、過去問と学年が上がっても文章量と語いレベルが上がるだけ
理→中1、2、3と化学・生物・地学・物理と4範囲をまんべんなくやる
社→中1は地理、中2は歴史、中3は公民とそれぞれ範囲が違う

英数だけ積み上げで、国語理科社会は単元ごと。
ということになります。

💡国理社は単元ごとの対策が大事!そのため、中1になってから授業をちゃんと受けて学校教材に準拠した対策教材の演習をテスト前にしっかりやろう

というわけで、中1に入る前に英数をしっかり対策しておけるか

今回お伝えしたいことはコレです。

来年度から新中1だから塾を始めた方がいいのかな、
と迷っている方、多いと思います。

5教科いっぺんに対策すると、とても大変なので、
英語と数学にしぼって冬休みから対策してみるのもいいかもしれませんね。

最後に少しキャンペーンのお知らせを

新年1月2月はキャッシュレス決済導入記念キャンペーンでLineポイント10,000円分キャッシュバックを現在おこなっています。
現在、桝形学習教室に通っているお友達がいらっしゃるかた、ぜひご紹介キャンペーンで体験授業お越しください。

キャッシュレス決済導入記念キャンペーン概要

キャッシュバック内容

紹介していただいた方(紹介者)
→Lineポイント10,000円分キャッシュバック

新規入塾生(新規入塾者)
→Lineポイント10,000円分キャッシュバック

キャンペーン期間

2019年12月17日〜2020年2月29日

キャッシュバック時期・条件

・新規入塾者が2020年2月29日までにご入塾いただける場合
・紹介者、新規入塾者ともに2020年4月末にLineポイントをプレゼントさせていただきます
・ご紹介いただける人数に上限はありません。紹介していただいた人数×10,000円キャッシュバック。

ぜひご活用くださいね👍