【きほん教室】12月4日(水)はビジネスモデルモデルのきほん💼【70分拡大版】

11月末から12月上旬は2学期期末テストのシーズンです。先週いっぱいまで上京中学の定期テストがありました。他の私立中学や高校の生徒が毎日自習来て対策頑張ってくれています。冬休み前に対策する復習を少しでも減らせるようにしっかりテスト対策して臨んでほしいです。

今日は明日12月4日(水)のきほん教室のお知らせです。担当してくれる生徒が高校のテストがあったりと、テストに力を入れている生徒も多いです。そのため、今回は教室長山川がビジネスモデルのきほんを2枠分の70分に拡大して担当します。

※自習は17時から22時までできますので、ぜひお越しください!イベントとしてきほん教室は行いますが、テストが終わった上京中学生が対象になります。

ビジネスを自分でもつくれる人になろう

就職するのではなく将来起業をしたい。小さくてもいいから自分で事業を持って自由に仕事をしてみたい。そう思っている方は少なくないはずです。室長の私も学生の頃から自分でビジネスを作れたらいいなぁと憧れを持っていました。

ビジネスを自分で考えてつくるためには何が最も大事だと思いますか?それは何を売るよりかよりもどう売るかです。どんな商品やサービスを販売しようかな、そう誰しも最初は思うはずです。しかし、それがどんなに情熱を持って商品やサービスを考えても、売り方にテクニックが無ければビジネスとしては成立しません。

まずは世の中にあるビジネスをたくさん知ろう

売るものを考えるより先に、売り方を学びましょう。まず世の中にあるビジネスモデルのパターンを学習します。今まで参加したことがある方には復習になりますが、もう一度確認しましょう。例えば、商店街にある豆腐屋さんと本屋さんとコンビニのビジネスモデルの違いをそれぞれ説明できますか?本屋さんとコンビニは実は同じビジネスモデルだったりします。

ビジネスモデル分析のきほんを学習した後はニュースで取り上げられられている今のビジネスモデルに迫ります。今回はANAとMaaS。古くからある会社と新しい会社の取り組みをビジネスモデルで分析することで経営者目線で考えてみます。

どちらも時間をたっぷり使って丁寧にヒントを出しながら解説します。初心者の方でも無理なくレベルアップすることができます。

■時間割

20:20 – 20:30ビジネスモデル分析のきほん
世の中にあるビジネスモデルは実は10パターン程しかない
20:30 – 21:00記事1つ目
ANA系が「手ぶら旅」へレンタル 価格変動型商品も発表
21:00 – 21:30記事2つ目
MaaS実現に法の壁 電動キックスケーター普及阻む

■参加費

通塾している生徒
👉無料
通塾していない方
👉500円(対象:小学生〜高校生)

きほん教室は毎週水曜開催の生徒が講師になって何か得意なことや好きなことを参加者に教えるというものです。自分で価値を作り出すという経験ができます。参加者は普段から通塾している生徒が多いですが、外部から一般参加もOKです。将来起業することやビジネスに少し興味があるという人におすすめです🙌