【中学生】9月模擬試験お知らせ+高得点高偏差値を取るための勉強のコツ【事前準備が大切】

9月は中学生も高校生も模擬試験が多く開催されます。夏期講習の成果を測るためにもぜひ受験ください!当教室の生徒も受験予定の子が多くいます。
各模試の詳細と高得点高偏差値を取るコツもしっかり読んで事前準備をしっかりしていてください。

五ツ木模試:中1・中2学力テスト会

日時:9月15日(日)8:20〜13:00
会場:YIC京都工科自動車大学校 (JR・近鉄・地下鉄「京都」西徒歩5分)
出題範囲: 2019年度 五ツ木の学力テスト会 出題範囲(予定)一覧表
成績発送: 10月2日(水)

中1・中2学力テスト会のレベルは学校のテストとそこまで変わりません。しかし、定期テスト違って範囲が広いので、テスト範囲は必ず復習して受験するようにしましょう。シリウスやiワークの確認問題などの基本問題を2,3回解いておくだけで得点や偏差値は結構変わってきます。

五ツ木模試:中3京都模試

日時:9月8日(日)8:20〜12:30
会場:京都学園高校 (市バス10・26系統等持院南町下車西徒歩3分)
出題範囲: 五ツ木・京都模擬テスト会 出題範囲(予定)一覧表
成績発送: 9月20日(金)予定

中3京都模試は本番の京都公立高校入試と同じ形式で行われます。例えば開始時間や終了時間、出題形式が同じです。そのため、対策としては出題範囲の基本的な問題の復習だけでなく、京都公立高校入試の出題範囲も学習しておくといいでしょう。特に数学と英語の難易度が高いです。
数学は計算問題は必ず解けるように何度も演習しておき、少しでも応用問題が解けるように中1〜中3のシリウスのまとめB問題を解いておきましょう。
英語は文法の独立問題がない長文が中心に構成されています。中1〜中3のシリウスの巻末にある長文演習をしておくようにしましょう。
国語、社会、理科は難易度がそこまで高くないのでiワークやシリウスで基本問題だけ確認でやっておくといいです。